<< 30 July 2013 NY... 28 July 2013 NY... >>
29 July 2013 NY : ピータールーガーへいざステーキ
前日、ヤンキーススタジアムでゲトした松井のバブルヘッド人形をワンハンドレッドの部屋で飾ってみた。
d0043354_2244294.jpg

うーん、ますます似てなさ加減が笑えちゃうけど、まぁ記念だ!w
d0043354_2245980.jpg

今日のメインイベントはNYでも予約が取れないレストランとしても有名な、ブルックリンの老舗ステーキハウス、ピータールーガーへ行く事。
ここは本当に3ヶ月前くらいでないとディナーの予約は取れないと、ワンハのマダムにもアドバイスされた程なので、ウチらはちょい遅めのランチから混み合うディナー前を狙って行く算段に。
なもんで、Cちゃんがマダムにリクエストして、朝食もスープだけにしてもらった。
ま、マフィンは食べちゃったけど、ここのマフィンとホイップバターとブルーベリーのジャムが旨いのよね(笑)。

遅いランチまではマンハッタンのユニオンスクエアに行って、セフォラとかでお買い物。
その後、みんなと分かれて自由行動にして、またこっちのトレダージョーンズに行って、エコバッグを買い足してみたりホールフーズひやかしてみたり。
待ち合わせ場所のユニオンスクエアパークはベンチが沢山あって、ここでランチしてる人も大勢いてのんびり。
d0043354_22571865.jpg

大きめなリスも居たけど、引き寄せる餌てきな物を何も持っていなくて残念。

それからみんなと合流して、地下鉄乗り継いでブルックリンのピータールーガーへ。
ここはJ,M,Z線でマンハッタンから渡って、1つ目のMarcy Avって駅でした。
d0043354_22592049.jpg

駅のホームからピータールーガーの看板も見えるのだ〜。
駅周辺はちょっとやさぐれた(笑)雰囲気だけど、昼間歩くのは全然問題なし!
d0043354_231235.jpg

到着したのは午後2時過ぎくらいだったんだけど、店内はまだ結構な混み様で人数を伝えると1時間から2時間待ちだと言われた(爆)。
ま、そんな事もあろうとウチらはカウンターでビールでも飲もうぜー。
d0043354_2333581.jpg

って事でウェイティングバーでクラフトビールを頂く。
d0043354_010841.jpg

もちろんピータールーガーのオリジナルビールもあるんだね。
ここはレストランとは別会計なので、ここでビール代は支払うシステムね。
そうこうしてたら、10分も経たないうちに名前が呼ばれてテーブルが空いたって(笑)。
ま、こんなものなのかもしれないけど、早いのに越した事はないのでレストランへ移動。
d0043354_2364041.jpg

特にすんごい気取った店ではなくて、街の老舗のステーキハウスって感じで昼はカジュアル。
d0043354_2374383.jpg

これメニュー。
NY歴長いCたんが、ステーキは2人前で良かろうと言う事で、肉も焼き方もお任せしたわ。
d0043354_2381743.jpg

これステーキメニュー。
うちらは女子3人でSteak for 2と、クリームスピナッチを注文。
サイドメニューに囚われる事なく、肉に集中、集中w
パンはサービスで出て来たけど、美味しいパンだった。
なんでもここのお肉は熟成肉とかドライエイジと呼ばれる、熟成専用冷蔵庫で旨味が凝縮するまで寝かせたお肉が頂けるそう。
よく見ると一番下にSmall Single Steakって書いてあるから、一人前からもオーダー出来るのね!
d0043354_23143339.jpg

じゃーん、これがピータールーガーのポーターハウスと言われる、Tの骨付きステーキでサーロインとヒレの両方が食べられるのね。
ピンクのピンが刺してあるのが、アメリカ農務省認定(USDA)の熟成させた肉の証明なんだって。
もちろんウエイターが全部カットして一切れづつ最初はサーブしてくれるので、自分で切ったりしなくてよろしくてよ。
ステーキには、ピータールーガーのオリジナルステーキソースも付いてくるんだが、これはちょっと甘い。
Cたんは予め、お醤油持参してた、エラい!
でも肉自体が本当に美味しいので、塩コショウの味付けだけでも旨かったどー。
もっとしつこいのを想像してたけど、熟成して余分な水分も抜けてるせいかサクサクしてすごく軽い触感で肉を食べてるとは思えない!w
デカイから残すかしらんと思ったけど、3人でビール飲みながら、ウマ、ウマと食べてたらあっと言う間に完食してしまいましたー。



d0043354_2321329.jpg

あまり綺麗な絵図らでないのでなんですが、まぁ記念に(笑)。
クリームほうれん草もまるでポパイが食べてた缶詰のように、ペースト状になってて美味しかった。
ほうれん草をここまで火を入れるって感覚は日本人にはないけど、これはこれでうまし。
d0043354_23234829.jpg

〆にこれもCたんがオーダーしてくれたチョコレートパフェみたいなのを、みんなでシェアしました。
コインのチョコレートはお土産だね。
d0043354_2324455.jpg

ここはカードが使えないので、キャッシュオンリー。
もちろんチップも必要だで。
キャリア感をバンバンに漂わせるウエイターは、慣れた感じできびきびしてて写真撮ったりしてたら
「なんで旨そうな肉を前にして写真ばかり撮ってるー」
なんて笑いも運んでくれる気さくな感じ。
カウンターのバーテンダーがちょっと無愛想な感じだったけど、自分のペースで仕切りながら仕事を進めたいタイプの人だったので、彼の手が休まるまでオーダーのタイミングを見計らっておけば問題なし。
日本の霜降り肉はもう年齢的にあまり欲しくないけど、このタイプの肉ならば私もまだまだ行けるぜよ。
って言うか、本当美味しかったので、またNYに行ったら即飛んで行きたい程に旨かったー!
ピータールーガー、ありがとう、ありがとう、ありがとう(笑)
誘ってくれたCたんとTちゃんもありがとう!

1887年(日本は明治20年)からやってるピータールーガーのサイトはこちら
Peter Luger Steak House
[PR]
by franny55 | 2013-09-23 23:34 | 2013_07 NYC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://franny.exblog.jp/tb/19704571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 30 July 2013 NY... 28 July 2013 NY... >>