カテゴリ:Bali★Hotel(〜2006年6月)( 12 )
ワープします
d0043354_15174498.jpg


2006年6月以降のバリ関係の記事はこちらです。
[PR]
by franny55 | 2006-06-01 23:29 | Bali★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(0)
MAYA UBUD ☆PART2
d0043354_1741845.jpgゴールデンウィーク、相方とマイル特典で訪れたバリ。ザ・レギャンの後に行ったホテルはウブドのマヤウブド・リゾートでした。相方の好みが「レストランの食事が美味しい」「バーがある」「プライベートヴィラでなくて、ホテル」って言うリクエストなので、彼がまだ行った事のないこちらのホテルを選び3泊しました。(それにしてもフロントなどの写真を全然撮ってませんでした、、、)





d0043354_17102350.jpgd0043354_17104039.jpg










今回泊まったのは去年の6月に泊まった部屋の丁度向かい側ホテル棟のダブルの部屋でした。マヤのビルディング棟の好きな所は、このベッド上に可動式のライトがある所。突然のスコールでプールから部屋に戻ってからや、寝る前の読書タイムに大活躍でした。

そういえば、フロントに近い方のプールで今回初めて泳いだのですが、あそこのプールってインフィニティ・エッジになってる側の上がガラスになってるのですね。なので、泳いでいたらプールの中のその先に緑の水中ガーデンが広がっているようで、最初ビックリ!裸眼では見えにくいかもしれませんが、夫の水中眼鏡を借りて泳いでいたら発見しました。水中カメラがあれば、きっとキレイに撮れる事でしょう〜♪

More
[PR]
by franny55 | 2006-05-21 17:08 | Bali★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(6)
The Legian
d0043354_16125485.jpg

今回は2年振りにバリへ来る夫の為に、泊まるホテルは初日のバリラニを除いて彼の意向でセレクト。と、言っても家の夫はプライベート・ヴィラの類いがあまり好みでないため、超メジャー系の誰でも知ってる王道ホテルなので目新しさはないでしょうが、、、。

最初はウブドからインしようとテガルを既に押させていたにもかかわらず、メインのレギャンが希望の日程はGWの為に既にフル・ブッキングで、おまけに2年前と同様にまたまたガルンガンに入ってしまう日程だったので、前半を南部に日程変更。そしてどうにかスーペリアを3泊予約出来ましたとさ。

d0043354_16194551.jpg
それにしてもレギャンも毎年レートが上がってるのね。(泣)今回はマイル特典でエアー代が無料って事で泊まれたけど、やっぱり我が家にとってはとても高級なホテルです。でも、思い切って泊まってみて良かった〜〜〜♪やっぱりこのホテルのロケーションは最高に気持ち良い!ですね。本当に朝から晩までプールでゴロゴロ。本を読むのさえうっとうしく感じるくらい、毎日海を見てるだけで、幸せでした。

特に私が好きだなと思ったのは、太陽が海に沈んでしまった後のこのプールサイド。知らないうちにかがり火が焚かれ、夜の帳が落ちるこの時間帯の雰囲気は最高にロマンティック!「あぁ、ステキ」と、相棒に訴えようにも、ロマンティックのかけらも持ち合わさないタイプの彼はレギャンビーチの夕陽すら見ないでとっとと部屋へ戻りシャワーでも浴びてた様子。でも人気の無いプールサイドは本当に素敵でした。

お部屋は
[PR]
by franny55 | 2006-05-19 16:41 | Bali★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(12)
Bali Rani Hotel
到着日に一泊だけ、泊まりました。中級クラスのリゾートですが、なかなか居心地が良かったです。
d0043354_18504046.jpgd0043354_18505682.jpg
d0043354_1851479.jpgd0043354_1852213.jpg

オシャレでモダンな最近のホテルとは違う、ごく普通な感じがまた良い感じです。ソファにデスク、ベランダもあります。2階からのプールの眺めも良かったです。

d0043354_18545238.jpgd0043354_1855755.jpg

バスルームは一昔前の感じですが、まぁこんなものでしょう。シャワーを浴びただけなのですが、お湯の出はいまいちでした。

d0043354_1857229.jpgd0043354_18571512.jpg


ホテルでのんびりと言うよりも、出歩きたい方で節約旅行にはよろしいかと思います。近くの大型のショッピングセンター、ディスカバリーモールまで歩いて直ぐなのも便利です。あと、スタッフがとても親切で優しくて、一人旅でもいいかなと思いました。


Bali Rani Hotel

More
[PR]
by franny55 | 2006-05-15 19:03 | Bali★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(6)
Bali Niksoma Boutique Beach Resort
d0043354_2334772.jpg
過去ネタですが・・・。からTB。 catclooney さんが泊まった後の2004年7月にバリ・ニクソマに泊まりました。

ここのプールは広々してて、オンザビーチでとっても気持ちが良かったです。特に私が気に入ったのはこの右手に見えるバレ・ブンゴン。一日、ここでCD(当時はまだi-Pod持って無かったし)聞きながら本や雑誌を読んだり、食事したり。レストラン横にも家族で過ごせる大きさのもあり。

d0043354_23524772.jpg
これがアップです。ホテルのスタッフは決して気が利くタイプではないので、いちいち呼ばないと来てくれないけど逆にほおっておいてくれる感じも悪くはなかったです。

お部屋の感じはこんなのね
[PR]
by franny55 | 2006-04-23 23:33 | Bali★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(4)
平和な場所*ダマイ・ロヴィナ・ヴィラズ
d0043354_15381557.jpg

バリ島北部ロビナビーチの山間にあるダマイ・ロヴィナ・ヴィラズ。スモール・リゾート・フェチの血が騒ぐ、わずか8室しかないこのホテルに行ったのは、2002年の2月でした。生憎の雨期で前日はすごい雨。ウブドからブドゥグルへの移動は、困難極まる悪条件でぬかるんだ細い山道を進むのは本当に怖かったです。だってガードレールなんてないのですから、いつ谷に落ちるかと思ったらヒヤヒヤものでした。

実際に行きに軽トラックが谷に落ちて木にひっかかった状態で、乗ってた人はどうなったのかとっても心配でした。そんな心配はやがて、ブラタン湖を越えた所で私たちにも災難が。なんとこの先は大規模な土砂崩れで交通止めになってるとな。
「今日はウブドに戻って、明日また来よう」
と、言う逃げ腰のドライバー。予約ではダマイからの迎えを頼んでいたはずなのに、なぜかウブド在住のこのドライバーはもう、帰る気満々です。

d0043354_1651984.jpg

が、私たちも短い日程をやりくりして来てるのだから、ここで引き下がる訳にも行かない。車中でずっと待ってるのも飽きが来て、そのドライバーの携帯を借りてダマイに電話をするとなんとあちらから、こっちに迎えをよこすと。そして通行止めの所まで来たら、向こう側から歩いて移動しますよと。

結局、3時間くらいブヤン湖手前で足止めをくらってしまったけど、ダマイからのお迎え隊のてきぱきした行動の素晴らしいこと。サクっと私たちのスーツケースを車に移動させ、出発でした。ほんとこの3時間くらいずっとグダグダと文句ばかり言っていた、やる気のないドライバーとは雲泥の差。(写真は土砂崩れの現場。本当に広範囲の土砂崩れで家や家畜もかなり埋まってしまったそうです。)

d0043354_1549219.jpg


そしてホテルに到着すると穏やかなレセプショニストが、労りの言葉をかけてくれてジャグジーが温まってますからどうぞと。長い車での移動と悪道路のせいですっかり疲労困憊してた、私たちにはまさに夢のような世界に感じました。ウェルカム・マッサージも20分以上行ってくれましたし。


d0043354_16113994.jpg

お部屋は掘りごたつ式のリラクゼーション・スペースがあり、このタイの△クッションがとっても快適でした。

d0043354_1613221.jpg


ベッドルームの奥がバスルームで、その奥にオープンエアーのジャグジーがあり、かなり広いスペースでした。

なんと言ってもここの売りは
[PR]
by franny55 | 2006-03-10 16:20 | Bali★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(6)
Hotel All Seasons Legian Bali
d0043354_19174349.jpgバリの最初のホテルはJl.padma utaraに出来たオールシーズンズ。
空港タクシーでここレギャンまでこの日は、Rp.35,000-もして、翌日からは更に新料金でRp.50,000-になると。
ペトローの値上がりは確実に反映されております。

こちらのホテル既に先月友人が泊まっており
「スタッフがてきぱきしてて、良かった!」
と、聞いていた通りチェックインからお部屋に案内してもらうまでも結構早いし、丁寧で親切で言う事なし。

私は一番下のカテゴラリーの部屋だったけど、2階のフロントからは一番奥まった凹んだ部屋だったので、静かで眺めはプールが一望出来て開放感もあり。

d0043354_1918693.jpgベランダに長めのソファにスーツケースを置く場所も確保されてて、コンパクトにまとまった室内は一人で泊まるにはピッタリサイズ。
バスタブはこのクラスにはないけど、シャワーはバンバン出るしホテルでのんびりしないアクティブに動く方にはお薦めです。

それにしてもすっかりプールの写真とかこれ以外に一枚も見事に撮ってなかったので、もっとキレイな写真はこちらを参考になさって下さいね。All Seasons Legian Bali

夜、食事から戻ってサクッとプールで泳いでおりましたら、スタッフがやって来て消毒薬を入れてるから肌に悪いので、上がるように言われちゃいました。
8時以降の遊泳はダメみたい。(^^;
ま、オア○スみたいに何時になってもプールで騒いでうるさいのよりはマシって言うか、ほんときちんとしたホテルと言う印象を受けました。

あぁ、しかしこの時に2、30メートル泳いだのが今回のバリ、バンコクで最初で最後のプールタイムになろうとは、トホホ。
[PR]
by franny55 | 2005-11-16 19:16 | Bali★Hotel(〜2006年6月) | Trackback(2) | Comments(2)
ムンジャンガン・ジャングル&ビーチ・リゾート
d0043354_20403075.jpgバリの最西端の西部国立公園内にあるムンジャンガン・ジャングル&ビーチ・リゾート。ここには2004年1月にミンピ・リゾート・ムンジャンガンと、合わせて夫と泊まりました。

ここはとにかく空港から遠いので、日程にゆとりがないと厳しいかもしれませんが本当に大自然の中にあるリゾートで驚きの連続でした。この辺り一帯はバリの中でも稲作が出来ない地帯で周囲がブッシュと言うジャングルに囲まれています。リゾート内もそのジャングルをそのまま生かして、自然を壊さないように作られているので野生の動物も沢山います。そのため、リゾート内の車の制限速度は確か20キロか30キロ以下に決められており、とてもゆっくりした速度での移動となります。ゲートを入ってからお部屋に着くまで確か20分くらいかかりました。(笑)それくらい広大なリゾートです。

d0043354_20492759.jpgここのリゾートはモンスーンフォレストと言う、長屋続きのコテージと断崖絶壁の海の上にあるクリフ・ヴィラの二つに分かれてます。わたし達はお手軽なモンスーンフォレストに泊まりましたが、一歩室内に入ると虫一匹も居ないとても居心地の良いお部屋でした。

ベッドの後ろの木製のブラインドを開けると、そこはもうジャングルで朝は小鳥のさえずりで目覚めます。こちらのカテゴラリーはスイートにしかバスタブがないのですが、シャワーの湯量はこんな辺鄙な所にしてはビックリする程、豊富で温かいお湯がタップリ出るので、全然不自由はなかったです。

毎朝、お部屋まで朝食を届けてくれる自家製の美味しい焼きたてのパンが沢山バスケットに入って来るのは、とても嬉しかったです。レストランはジャワから運んだと言う50メートルくらいある巨木を柱として作った、通称バリタワーにある「バーンキオラ」と言うのがあるのですが、こちらのディナーは正直イマイチでしたがムンジャンガン島へのシュノーケリングに付いていたアヤム・ゴレン(バリのフライドチキン)のランチは、とっても美味しかったです。一緒に付いてたサンバルと言う、唐辛子ベースのバリの辛味噌のようなスパイスをたっぷり付けて食べると本当にエナッ・スカリでした。


d0043354_21125046.jpgd0043354_2113227.jpg









ムンジャンガン島にはミンピに泊まった時とこちらで2回ほど、シュノーケリングに行きましたが、正に絶景でした。海の中を絶景と言っていいのかどうかですが、ビーチエントリーで二かき、三かきするといきなりドロップオフと言われる、海の中の断崖絶壁が現れ、そこは珊瑚の花が咲いた棚田とそれを取り巻くこれまたカラフルな熱帯魚が乱舞し、こんなバリもあるんだなーっと。海はとってもキレイで透明度は30メートル以上はゆうにあると思うのですが、底までがずーっと奥深くまで見渡せるのでその自然の大きさを肌で感じて、脅威すら感じました。

後はリゾート内にはシーカヤックやバードウォッチングなどのアクティビティなどいろいろ、あるのですがここのリゾートがスゴイのは乗馬用の馬が50頭ちょっと居るのです。もうワクワクして初乗馬に挑戦しましたが、パドックの中を2.3周したらそのままジャングルにお出掛けです。(笑)馬に乗ると目線がとても高くなるので、これもまた新鮮で虜になりました。山の中からビーチに出て、砂浜を馬に跨がり歩いていたら、なんだか自分が映画の中の主人公になった錯覚すら憶え相当、自分に酔えましたね。(どうぞ、お笑い下さい)

南部からは車で4時間はかかるので、移動はとても大変ですが機会があったら是非、行ってみて下さい。幻のジャラック・プティに遭えるかも?

d0043354_21363490.jpg

[PR]
by franny55 | 2005-09-21 21:38 | Bali★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(17)
らぶらぶ☆アリラ・マンギス
愛しのAlila manggisからTB。
スモールリゾートフェチとしては旧、セライ時代に初バリで泊まってから、やっぱりマンギスは大好きなホテルです。
当時はいつでも南の島気分をいつも涎垂らしながら見ておりました。(笑)

d0043354_16242013.jpg


このプールを中心にホテル棟、スパ、海、レストラン、フロントがぐるりと囲む感じが大好きです。
d0043354_16253134.jpg

お部屋はスイート以外はそんなに広くないのですが、コンパクトにまとまってるので動線が短いし結構便利。
最初は2階のデラックスに泊まり、夜はバルコニーに蚊帳を貼ってもらってそこのデイベッドでそのままスヤスヤ朝まで眠ってしまったのも懐かしい想い出です。(無防備過ぎですが、、、)

2度目は下のスーペリアでしたが、こちらの方が実は使い勝手が良かったです。
昼間は部屋から直ぐにプールに出られるので、鍵なんて閉めなくてもいいし、忘れ物も直ぐに部屋に取りに行って戻って来れる。(ホント、無防備ですから〜!)

連れの友達とも何処にいるかすぐに判るし、そう言うところも楽でした。
d0043354_1630552.jpg


ベッドはシングルがきっちりくっついていたので、夜は離して寝ました。(笑)
女同士でそんなにくっついてもね〜。
ノンスモーカーのわたしに気使って、いつもテラスで煙草を吸ってくれてました、その友人。(優)

d0043354_1632644.jpg


部屋からフロント〜レストランへと続くこのコリドーが、特に絵になると言うか夜は特にライティングがステキ!
初めて行った時の
「あぁ、ケリー・ヒルさま、ラブ!」
と、感動した事は今も胸に鮮やかに蘇ります。
ここの小さなウェイティング・バーでリンディックの演奏を聞きながら、ドライ・マティーニをサクッと飲んでから、ディナーに向かうのも良い感じです。(かなり自分に酔ってる感じでお恥ずかしい)

あぁ〜、また直ぐにでも行きたいと言うか戻りたいよぉ〜♪(^^)/
[PR]
by franny55 | 2005-08-25 16:43 | Bali★Hotel(〜2006年6月) | Trackback(2) | Comments(9)
Tegal Sari Accommodation *テガル・サリ
そしてこちらはテガルサリのsuper deluxeです。フロントを背にして小道を抜けて左サイドがStandardとSuperior。右前にある建物たちがsuper deluxeで部屋番号は左一階がNO.8、その上がNO.10。右側の一階がNO.11で上が12。その次にduplexがあって、プールの向こうがwoodenとdelux。ちなみにフロントの真向かいにあるのがNO.15でここは田圃見えないはずです。
d0043354_18451048.jpgd0043354_1845278.jpg

d0043354_18455213.jpgd0043354_18464445.jpg

d0043354_18483818.jpgわたしの記憶が確かだったら左上がNO.8のツインでダブルの部屋がNO.10で2階だったと思います。この二階は子供さんがいらしたら絶対に止めた方がいいと思います。階段がすごく高くて急なので、酔っ払ってると酔いも覚めるほど。(笑) 手すりもあるけど、テラスから落ちる危険もありでコワイと思います。景色はいいんですけどね、その分。

バスルームはこんな感じで別にシャワーブースもあるので、結構便利。お湯は出たり出なかったりで部屋によってまちまち。(笑)ここの8番と10番の部屋が好きなのはクローゼットがバスルーム側と部屋側のどちらからも開く作りになってるところ。便利です。

d0043354_18555645.jpgd0043354_18581819.jpg

そしてこちらがNO.11で部屋の前にこのような上がりかまちがあって、ここでお座敷モードでペタッと座って田圃見ながらワルンでブンクスして来たナシチャン食べるも良し、お腹がいっぱいになったらそのままゴロンしてお昼寝しても良し。シャワーのお湯の出がイマイチ安定していないけど、結構わたしが好きなのがこの部屋。キッチンもあって(コンロはナシ)冷蔵庫が一人暮らしサイズなので、たっぷり入るのも良し。またまたベッドがシングルとダブルのツインかと思いきや、ダブルはシングル二つをくっつけてるだけなので、実はベッドが3つになるので、三人で泊まる事が出来るのがまたまた楽しくていいんです。

d0043354_1914817.jpg夕暮れ時はこんなサンセットも見れるので、のんびりするのに最適。困った事は一度ランドリーに出した服の中の一番大事なサルンが紛失した事。すごく気に入ってたので、無くなって本当にショックでショックで。いろいろ確認してもらったけど、結局出て来なくてもう諦めました。この時はまだランドリービルが無くって、いつもそのままポーンと出してもちゃんと戻って来てたので、安心してたわたしのミスですね。

丁度、その時はガルンガンで誰かは判らないけど、見てしまった人は欲しかったんでしょうね。(あくまで想像)結構良いチレボンの手描きの一点モノを、履きやすく仕立ててもらってたモノだったので、洗濯物の一番上の見える所に置いてしまったわたしも悪いんです。(反省)たかがサルンとは言っても、バリの人達から見たら高価でなかなか手が出るものではないのですから。でも、この後からちゃんとランドリービルを用意してる辺りは、バリにしたらちゃんとしてると思います。(爆)

また、いつでもウブド内なら送迎してくれるのも、やっぱり足の悪いウブドでは有り難いシステムだと思います。ただ、夜遅くなるとドライバーも減って、夜勤の人がたぶん一人になっちゃうので要注意。フロントもその頃になると誰も居なかったり、既にスヤスヤと就寝してたりしてる事もあるので鍵は自分で持ってた方がいいかもです。

田圃に面してるので、誰がどこから入って来てもおかしくはないので、自分で防犯面はしっかりするしかなさそうです。そう言うのが怖い人は泊まらない方がいいと思うし、後、トッケーやチャチャは絶対に居るのでそう言うのが苦手な人にもお薦め出来ません。トッケーの鳴き声がないウブドなんてウブドぢゃないと思う方にこそ、お薦めします。
[PR]
by franny55 | 2005-08-03 18:35 | Bali★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(2)