カテゴリ:Thai★Hotel(〜2006年6月)( 8 )
Majestic Grande *マジェスティック・グランデ(2)
d0043354_13204384.jpg

おまたせしました、マジェスティック・グランデの続きです。まず、こちらは7階にあるプールです。朝食を取るレストランの外にあり、あまり大きくないですが深そうでした。(実は一度も泳いでませんでした)

d0043354_13262818.jpgd0043354_1326436.jpg

レストランの朝食はブッフェ式で、種類はとても豊富でした。私は毎朝お粥とエッグステーションで卵料理を作ってもらって食べましたが。フレッシュジュースも毎朝3種類、毎日種類も変わってました。
d0043354_13241776.jpgd0043354_13242819.jpg

このフロアーにはその他にビジネスセンターとスパもあります。インターネットはココでも利用出来ますし、部屋で利用するにもブロードバンドで1時間がBT150から利用可能でした。接続状況はすこぶる快適で、速いのでビジネス利用にも問題なく利用出来ます。スパにはジャグジーとサウナ、ミストサウナがありチェックアウト後に利用しましたがリーズナブルで便利でしたよ。

d0043354_1329668.jpgd0043354_132918100.jpg

こちらはロビーの雰囲気です。エントランス脇にバーとレストランがあって、夜はジャズの生演奏などもあり盛り上がっていた様子でした。

とにかくこのホテルの良い所はスタッフですね。ドアマンとセキュリティースタッフは毎日とても気持ち良く挨拶をしてくれるし、タクシーを呼んだりした時もちゃんと運転手にタイ語で行き先を通訳してくれました。(タイ語は発音が難しいので、カタカナタイ語ではドライバーには、なかなか言葉が通じません。)

ビジネスセンターのスタッフは、毎朝わたしがインターネットの利用のお願いに行くと二日目の朝から名前を覚えてくれていましたし、スパを受けた後の着替えを預かってもらうお願いも快く、承諾してくれました。

フロントスタッフも、チェックアウトの時にエアーが深夜便なのでパソコンと貴重品を預かってもらえるかお願いしてみましたが、きちんと受け渡しのタグを切ってくれて安心でした。

駅から歩くとBTSプルンチットとナナの丁度、中間くらいなので7〜8分はかかるでしょうか。暑いバンコクではちょっと辛い。どちらかと言うとプルンチットからの方が近いですが、夜は暗くなるのでやはり賑やかなナナ駅の方が安心かと思います。

ホテル前にラジャホテルがあって、ここをスルーすると欧米人のおじさま達ご愛用のバーが連なる、Soi4に出ます。この辺りは屋台も沢山あるしコンビニや薬局などもあるので、便利でした。携帯のSIMも普通の薬局の前に「1,2Call」の看板が出てて、購入出来ました。

ホテルでのんびりと言うよりは、ビジネスユースや観光、お買い物で日中は出計らう時間が多い時には、お薦めします。ナナ駅前にもマジェスティック・スイートと言う似たようなホテルがあるので、お間違えなく。
[PR]
by franny55 | 2006-04-01 13:23 | Thai★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(0)
Majestic Grande *マジェスティック・グランデ(1)
d0043354_1162656.jpg今回は一人で3泊だったので、リーズナブルなマジェスティック・グランデに宿泊。去年のソンクラーンの時の候補でもあったこのホテル、まだ新しいのでお値段からするとかなりお得感あるホテルでした。

d0043354_1235144.jpg今回泊まったのは一番下のグランデ・スーペリアと言うお部屋で、狭いかなと思いましたが一人だったら充分に快適に過ごす事が出来ました。

ライティング・デスクに1人がけのオットマン付きのソファにテーブル、ミニバーはメコンウィスキーにジンやスパークリングと選び放題。(笑)湯沸かしポットもあるので、コーヒー、紅茶も好きな時に飲めます。(使ってないけど)そしてクローゼットなどの収納もたっぷり。スーツケースを置くための椅子の向こうは、隣の部屋とコネクティング出来るドアがありました。この部屋やバスルームの扉が重厚感のあるゴールデンチークで、床はフローリングと大理石で高級感もありますね。

d0043354_1201053.jpgd0043354_143276.jpg

今回は高層階のノン・スモーキングフロアをリクエストしておいたので、15階からの眺めも最高のお部屋でした。バンコクのホテルは特に古いホテルだと煙草の臭いが染み付いている部屋が多いと聞いて、絶対にノン・スモーキングの部屋はリクエストします。新しくてもフロアーに降りたら相当タバコ臭いって事も多々ありますしね。

ベッドは固めのスプリングで寝心地はとても良かったです。シーツももちろん真っ白で清潔。枕が私には少し高めでしたが、寝れない程でもなかったです。そしてセーフティー・ボックスはノートPCが入るサイズで、この下のスライド式のシューズラックがとても便利でした。いつも部屋が靴でゴロゴロしてしまう私ですが、今回はこれのお陰でスッキリ。(笑)

もうちょっと見てみる?
[PR]
by franny55 | 2006-03-28 01:38 | Thai★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(14)
Holiday In Bangkok
d0043354_19284236.jpgd0043354_19285412.jpg











d0043354_19335235.jpgd0043354_193473.jpg
11月バリからバンコクに移動して3泊したのが、改装が終わったホリデーインです。ここで日本から来る夫と待ち合わせをしていたので、滞在時間の短い事も考えて、移動に便利なチットロムにしました。お部屋はこんな感じでスタンダードでも思ったよりも狭さを感じない作りでした。

d0043354_19555410.jpgこのクラスにしては、珍しく枕のタイプは4種類くらいから選べるサービスにビジネスホテルらしく、アイロン台とアイロンも完備。ノートPCが入るサイズの電磁式のセーフティーボックスに、バスローブもありました。

また、近くにBTSが走ってるし交通量も多いのでうるさいかなと思った車の音などは、2重の防音ガラスになってるみたいでほとんど、気になりませんでした。後、夜にベッドで本を読みたい時も、自分の頭の上のトップライトの灯りの調節が出来るのもすごく便利でした。

インターネットはホテル専用回線に有料で使用可能です。一時間と24時間でタイの一般的な料金だったと思います。回線の状態はめちゃめちゃ良かったのでストレスフリー。

ちょっと困ったのはバスルームですね。シャワーブースからどうしても水が散ってしまって、トイレットペーパーまで濡れてしまいます。でも、稼働式のシャワーヘッドに上にはレイン・フォレスト・シャワーも付いてて、気持ち良いです。

滞在中、あまり困った事もなかったので、また機会があったら泊まると思います。11月は丁度乾期に入って、ホテルの料金がアップしてたので朝食無しで一泊US$83で今回は予約しましたが、時期によったらもう少し安いかもしれないですね。

ここから長いのでヒマな方だけどうぞ。
[PR]
by franny55 | 2005-12-08 20:01 | Thai★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(12)
metropolitan 2
d0043354_1710940.jpg
d0043354_17111858.jpgd0043354_17122460.jpg



こちら泊まったメトロポリタンルーム。ベッドの寝心地もリネン類もとても気持ち良かった。ちなみにシーツはアマンプリと同様な物だと思いました。織りが3cm幅くらいのストライプになってて上品かつ上質なコットン。テレビはベッドからもソファー側からも見えるようになってて、DVDプレーヤーもあるので持参してたDVDも見れました。
この他に備え付けのデスクがあってLANケーブルも揃ってるので、直ぐにネット接続可能。

d0043354_17192614.jpgd0043354_17194277.jpg


01028.jpg|200505/16/54/|left|150|200#]バスルームはこんな感じでバスタブの左にシャワーブース有り。シャンプーやシャワージェルなどのアメニティの類いはもちろんコモシャンバラのなので、香り立つアロマが爽快。
バスタブもたっぷりお湯が張れますし、バスローブは裏がタオル地で表がサテン風の薄地の素材でさらっと羽織れるタイプ。
クロークも広めでヨガマット完備でした。
[PR]
by franny55 | 2005-05-03 17:08 | Thai★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(2)
Metropolitan
d0043354_16291497.jpg
d0043354_16301431.jpg
d0043354_16302689.jpg


メトロポリタンバンコクは、かなり気に入りました。ホテルスタッフは全員、ヨージの制服にアディダスのシューズ。鼻ピー、ロンゲ、スキンヘッズとホテルマンらしからぬ出で立ちですが、あか抜けててカッコいいし、スノッビーかと思いきやとてもフレンドリーで出かける際には必ず、行き先を聞いてタクシーの手配をしてくれました。

会員とホテルゲストしか入れないMet Barも、ロンドン仕込みなのかヒップな内装にDJはドレッドのラスタマン。流す音楽はハウス。そういえば、ホテルのロビーやプールサイドで流れてたのも私の好きなKoopなどクラブジャズ系。

部屋で聞けるライブラリーもパンクやロックなど一癖二癖あるアルバムがセレクトされてて、ハードだけでなくソフト面もデザインホテルを貫いてる感ありあり。
Sex Pistolsが子守唄で、スタカンを聞いて育ちギャルソンやヨージが好きだった人には居るだけで楽しくなるホテルだと思います。

ちなみにこのホテルを選ぶ時にバンコク最新ホテル事情を参考にさせて頂きました。
[PR]
by franny55 | 2005-05-02 16:27 | Thai★Hotel(〜2006年6月) | Trackback(1) | Comments(4)
プリ3日目
d0043354_13483784.jpgd0043354_1353998.jpg


今日は朝、8時からヨガレッスンに参加してみる。アマンスパ内にあるサラでのレッスンは総勢20人くらいは集まっただろうか?かなりの混み具合で、ヨガの人気度も高い証拠か?日本人の方も男女3名のグループとご夫婦らしいカップルもいらして、一人の私はちょっと肩身が狭いかしら?と思ったけど、みなさん気持ちよく挨拶をして下さる方々で楽しいレッスンでした。ヨガにもいろんな種類があって、この日は初心者向けのメニューだっけど、かなり柔軟性を必要とするポーズもあってかなりのハードさ。朝からいい汗かいちまったぜ。そんなこんなで今朝はとてもお腹が空いたので、ルームサービスでタイのお粥の朝食を注文。サラにきちんとセッティングしてくれて気持ちの良い朝食。

d0043354_14101328.jpgホテル滞在の3日なんてあっと言う間。今日もビーチで一日のんびり。プリではシュノーケリングのセットも無料で貸し出ししてくれるサービスがあるので、この日はわたしも夫に連なり海で泳いでみる。ビーチ沿いは砂が舞ってるので透明度はイマイチだけど、それでもかなりの種類の熱帯魚が泳いでいて、海のキレイさに感動。シュノーケリングはバリのムンジャンガン以来だったけど、海に抱かれる感じの無重力感が快感で海水浴っていいよね、って感じ。(意味不明)

d0043354_13505570.jpgそして今日のお昼はパッタイ。昨日に引き続いて、ビーチで頂く。食事をする時はきちんともう一つテーブルを持って来てくれるので狭い感じもなく、この辺りやっぱりアマンってか?隣で美味しそうにシンハーをグビグビやってる夫も、パッタイは気に入った模様。そしてビーチに居ると毎日日替わりで、フルーツのサービスもあり、昨日はすごく美味しいマンゴーで、今日はスイカとチョンブーだった。一つだけ取ると必ず「もっとどうぞ」って言ってくれるのも贅沢な気分にさせてくれる。(たかが果物で小市民のあたし)

d0043354_13581931.jpg
アマンプリのプールには美しさ尊重の為か、日除け用のパラソルがない。それゆえ日中ここのサンデッキチェアでのんびりするには無理がある。が、夕方4時くらいになると丁度、太陽の角度が落ちて来て、一番高いシービューヴィラなどの建物が影を作ってくれるのでここから日没までが、一番読書するには快適な時間。今日は昨日よりもゲストが増えていて、白人のファミリーが目立つ。アフタヌーンティーも大盛況と言った感じで、賑やかなこの雰囲気、わたしは嫌いじゃない。

さて、今日はこれから折角だからスパでも受けようと予約を入れる。こちらもかなり込んでいる様子でみなさんが夕食を取られる7時半しか、取れなかった。アマンスパに関しては、またCISにて詳細報告予定です〜。

と、言う事で今日は最初は同じくプーケット入りした、さださんとパトン辺りで夕食をと思っていたのだけど、ここから出たくなくてドタキャンしてしまった。ゴメンよ〜さだしゃん。

d0043354_1434273.jpgd0043354_1435779.jpg


プリ最後の夜は、やっぱりタイ料理にする。そして同じく今日もシャンパンを飲む事は忘れない。と、言う事でモエとあの美味しかったエビ料理に、鶏肉のパンダンの葉包み揚げ、スパイシーなんとかカレーをチョイス。エビはやっぱりウマウマで、チキンも下味がしっかり付いてて夫はすごく気に入った様子。が、この彼が選んだカレーが本当に辛くて辛くて、少々の辛いモノではビクともしないわたしでもっても鼻から水が出るは、顔中から汗が出るわで優雅とは無縁の激辛地獄汗と油まみれの最終ディナーとなったのでした。(笑)ま、それはそれで美味しかったんですよ、ほんと。

d0043354_1424696.jpgそして部屋に戻るとテラスのテーブルの上にワインクーラーに入ったモエが置かれてある。どこで見てたのかスタッフが後からやって来て「レストランからプレゼントです」と。え”====3=3=3!もすかすて、こりってサービスなの〜ん?ウェルカムシャンパンが今頃出るの?とか、毎日シャンパン飲んだから太っ腹のサービスか?とか瞬時に頭を駆け巡るいやし根性。取りあえず、お部屋にそれを運んでくれ、シャンパングラスをミニバーから出してセッティングしてくれる。で、嬉しくなって小躍りしながら撮ったのがこれ。

で、さて飲もう!って思ってボトルを取ると妙に軽い。あれ?へっ?っと、思ってダークグリーンのボトルを凝視するとあらん、これってフルじゃなくて1/3くらいしか残ってないではないですか。ははー、なーんだ、たぶんこれレストランでグラス用が余ったものですわね、きっと。あのシャンパンの抜く音を口真似でやってた彼が、気を利かせてくれたに違いない。ちょっとがかりしたけど、それでもグラスで2杯強のモエは高価な泡がきらめいて美味しく頂きましたわ。

d0043354_1428655.jpg到着した夜は、なんだか割と普通だなって思ったこの部屋も使い勝手がとても良くて、部屋に居るごとにひしひしとその良さが判ってくる。とにかくふんだんに使われてる木と、さりげなく置かれてるチェアやライトなど、不便を感じる事が無いのがやはりすごいと思う。あぁ、この快適なベッドにてゆっくりと休めるのも今夜で最後と思うと本当に名残惜しい。
[PR]
by franny55 | 2005-04-30 11:02 | Thai★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(2)
プリでのんびり
d0043354_645465.jpg

夕べはモエを2本も二人で飲んでしまったので、今朝はとても心地よく目覚める。早速朝のプールに行ってみたら、なんか悪口は言いたくないけど、と、あるお客様方のせいでイメージとちょっと違っていてしょぼん。ま、ある程度予想はしてたんだけど、アマンプリのプールがとしまえん化してたのはがっくり。してわたしはどうせ朝はあまり入らない方なので、マンゴージュースとフルーツパレットで夫がアメリカンでオムレツを。このオムレツ!アジア圏では初めて見たと言っても過言ではないでしょう、立派な立派なふっくらきれいに丸まったオムレツでしたわ。このあたり、さすがにいいシェフ置いてるのね、って感じ。
d0043354_7222623.jpgd0043354_7225228.jpg


それからとしまえんを避けるべく、一日ビーチでのんびり。サンデッキチェアを好みの所に選び、スタッフが迅速にタオルをセットしてくれる。すかさずミネラルウォーターとアイスがセットされ、後は日がな一日何もしない休日。あぁ、実際出発間際はやる事が有り過ぎて寝不足で疲れも確かにピークだったかも?ほげーっと一日海を眺めながら、寝てた次第。
d0043354_6483254.jpg遅めのランチは動くのも面倒だったので、ここでタイのワンタン入り汁麺を注文。屋台の麺なら何杯食べられるかしらって言う、高級な値段を考えるのはこの際やめておこう。(笑)食事をして夕方近くまでしたたか眠ったであろう頃、足の辺りが暑くて目が覚める。丁度、陽が傾いて来て足首辺りに直射日光が当たってるから暑いはず。さて、ちょっとパラソルを傾けようかなって思ったらちゃーんとスタッフがにこやかにやって来て、また日陰をわたしに作ってくれる。ほー、さすがアマン!お礼を言うと「あなたずっと寝てるね」みたいな事を言われる。「とっても疲れていたから」って答えると「日本人は働いてお金も一杯」みたいな事も言われる。う〜む、この辺りやはりバリもタイも同じだなと。彼らにしてみれば年収以上のお金を落として行く客ばかり見てれば、当たり前なのだろうけど。

d0043354_7203573.jpg向こうの山に陽が沈みかけて来た頃、私もプールでひと泳ぎしようと戻る。意外とプールは空いてて、こちらもやはりスタッフが即座にデッキチェアにタオルをセットしてくれる。丁度、アフタヌーンティーの時間でもあり、スタッフはあれもどうぞ、これもいかが?と、お菓子と果物の説明をしてくれる。いっぱい食べろと言われても、ディナーにお腹を空かせておかないと〜、って思いつつここでお薦めされたマンゴーケーキがとっても美味しかった!普段甘いお菓子は敬遠するわたしにも控えめな甘さで、さっくりと入る。
d0043354_7212092.jpg

しばらくそこで一人、泳いだり本を読んだりしてるとあぁ、なんだか信じられないな〜って言うくらいリラックスしてしまった。周りを見渡すと意外と女性の一人が多い。わたし同様に先に相手はお部屋で寛いでいらっしゃるのか?噂に聞いた程、ここで泳ぐのに勇気はいらない。(笑)だってブラックタイルのプールって泳いでる体なんて、全然見えないんだもの。

レストランのセッティングが始まる頃に部屋に戻ると、先にお風呂に入ったらしい夫がチャンギで買っていたシェリーを開けてる。持って帰る予定だったけど、まぁいいか〜。私もシャワーを浴びてからディナーの準備をしながら、アペリティフを頂く。

d0043354_713526.jpg今夜のディナーはイタリアンにしてみる。席につくと昨日のシャンパン担当のあんちゃんだ。早速今日もモエがいいだの、ドンペリにしろだのレコメンドしてくれる。でも、一応ワインリストを見て、今日はちょっと違うシャンパンにしようかな?などと考えていたら、グラスのウェルカムシャンパンがサービスで出て来た。あんら、やるわね、ただ酒ほどうれしいものはないのよ、酒呑みは。(トホホ)

と、言う事でこの夜は名前は忘れたけど、ここで一番安い(笑)シャンパンに、食事は前菜にプロシュートとメロン、シーザーサラダ、パスタがトマトとバジルのフィットチーネで、メインは子羊のロースト、デザートはアイスクリームだったかな?お味はかなりいいんでないのって言うレベル。欲を言えば、ラムのソースが白ワインのなんたらソースだったのでラムにはちょっと軽い感じだったかな〜?でも焼き方はレアでお願いしたらちゃんと良い焼き具合のローズ色に仕上がっててバッチリ!大変美味しゅうございました。昨日のディナーといい、旅に出たら夕食命のわたしにとってアマンプリのレストランはかなり合格点。食事のまずいリゾートなんて勝手にしやがれ!(笑)
[PR]
by franny55 | 2005-04-29 06:37 | Thai★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(12)
バカンスはアマンプリ
d0043354_16422851.jpg今日から結婚10周年の一応の記念として、プーケットとバンコクに6泊8日のバカンスへ〜。普段の我が家の場合なら、シーズンオフを狙って決してこんな高い時期に旅行に行くなんて有り得ないんだけど、夫の休みももう連休以外には取れそうにもないしで清水の舞台から飛び降りちゃった。
d0043354_16424814.jpgまずは成田からSQ995でシンガポールのチャンギまで。最初の機内食はお昼のチキンのソテーにマッシュポテト。機内食としてはなかなか美味しい方ではないでしょうか?

チャンギでは各所にインターネットが出来るコーナーがあったり、コンビニから薬局、フードコートまでなんでも揃っているので、2時間くらいのトランジェットは楽勝です。そしてMI758と、言うシルクエアーでプーケットまで。こちらも1時間ちょっとのフライトでしたが、一応ディナーも。ま、ちょっとこちらのペンネとトマトソースは濃厚過ぎましたが、、、。機内はほぼフル。プーケットは約一年振りだけど、今回は津波の災害の復興キャンペーとしてアマンプリが50%オフだったのでこちらのリゾートでのんびりするつもり。

d0043354_16542691.jpg空港に着くとプラカードを持った方が一番目立つ所で待っていてくれて、直ぐに携帯でドライバーに連絡してボルボが到着。他にも大勢のゲストが到着する模様で彼の持つリストには、かなりの数の名前が連なっておりました。30分くらいで車はアマンプリに到着。簡単に施設の説明の後、ヴィラへ案内されました。が、はやり半額の為か噂に聞いてたウェルカム・シャンパンはおろかジュースの一杯すら出ないのってちょっとかなちー。取り合えず、室内の写真をキレイな内にカメラに納め、ディナーに出かけます。


d0043354_17272630.jpgd0043354_17274919.jpg



機内食を少し食べてしまった為に料理は軽めにして、とにかくお祝いの乾杯をしようとまずはモエを♪
ウェルカムで出ないなら自分で飲もうモエシャンドン。(字余り)
料理はサテの盛り合わせに、先日のバンコクで友人が大好きだと言うタイの海老のカクテルを。私は生エビはアレルギーがあるのだけど、アマンでは軽くボイルしてあったのでトライ。後、メニューには無かったけどヤムウンセンも注文したら作ってくれましたわ〜。

いやいや、アマンは料理がいまいちって噂も聞いた事もありましたが、こちらのプリのタイ料理はとてもスパイシーですーんごく旨かった!エビをナンプラーのソースに浸して食べるこの料理も、本当絶品!辛い辛い、ヤムウンセンも合わせてシャンパンに合う合う。

普段から調子がいいとワインボトルは3本は空いてしまう、わたし達なのであっと言う間にモエは空に。(萌え−)←しょうもなー。ここでシャンパンを抜いてくれたウェイターが、空とみるや否や「One More?」と、、、。うーん、よそのリゾートレストランならいざ知らず、アマンでこの接客ってどうなのよ?「もう一本!もう一本!」ってはしゃぐどこぞの国のメンズバーではないのであるからにして、、、。ま、この彼、最初にシャンパンを抜いてくれる時から口真似で「ポン!」なんてギャグかましてくれてたから、そんなラフさが売りなのかしらん?ってな感じで初日からモエ2本行っちゃいましたー!ウマウマ♪
[PR]
by franny55 | 2005-04-28 16:41 | Thai★Hotel(〜2006年6月) | Trackback | Comments(2)