カテゴリ:2008_06 NYC( 48 )
NYのわんこ
NYのアッパーイーストサイドは高級住宅街だけあって、お散歩してるワンコ達もみんな高そう。(笑)

d0043354_23344019.jpg

d0043354_23344921.jpg
d0043354_23345830.jpg


中には一人で5匹くらいのワンコを散歩してる人もいたりして、あれは恐らくシッターさんなんだろうなー。
[PR]
by franny55 | 2009-10-25 23:37 | 2008_06 NYC | Trackback | Comments(0)
2008年6月NYC:10日目☆やっと帰国
いつかやろうと思っていたら、もう一年以上が過ぎていた、2008年6月のNY編
これでホント、やっとこさ最終日。

d0043354_0475375.jpg


お世話になりました、ワンハンドレッドNYの最後の朝ご飯はラヴィオリとフルーツ。
アメリカンサイズなので、ラヴィオリもデカイ!
ワンハンドレッドのオーナーマダムは、とってもお料理上手で盛りつけのセンスが良いので
毎朝の朝ご飯が本当に楽しみだった。
どこぞのブログでは、毎朝すごい料理が出るから「魔女?」って噂になるほどらしいのですが
ご本人様曰く「このラヴィオリも近所のデリで買って来てるものだから、そんなに毎日手の込んだ事はしていないのよ〜」
って、さらりとおっしゃっておられましたが、いやいや出来合いのモノでも、こうやってソースを作って
美しく盛りつけるセンスには感心しました。
どことなく小林聡美を彷彿させる、ほのぼのーとしてるんだけどちょこっとキュートな毒も持ってらして
わたしはこのマダムにすっかり惚れてしまったのよね〜ん。

奥に見えてるのはあのポールニューマンのドレッシング。
この時に初めて知ったんだけど、ポール・ニューマンってとてもエコロジストで
食事にも気を使う人で、自ら無添加のドレッシングを作って、それがまたすごく当たったんだってねー。
美味しかったよ、このドレッシング。

d0043354_048374.jpg


無料で好きな時に頂けるスコーンも今日で最後だから頂いた。
このホイップバターと言うのが、口当たりが軽くてとっても美味しかった。
日本でも売ってないかなぁ、こんなバター。

この後はとっととパッキングしてCねーと二人でケネディー国際空港へ向かう。
CねーはANAでわたしはJALだったんで、ターミナルが違ったけど長い旅をありがとう!
本当に初めてのアメリカ(NYだけだけど)、新鮮で驚きだらけで何よりも人が温かくて本当に楽しかった!
出発時にはパスポートを忘れる!と言う人生初の大ちょんぼをしてしまいましたが、かわいい子には旅をさせろって本当よね。
こんなわたしでも、アラフォーでも、まだまだ人生捨てたもんじゃないとNYにはすごいエネルギーをもらいました。

d0043354_175359.jpg

d0043354_18767.jpg


行きは取れなかったけど、帰りはマイルでUGしておいたので、ビジネス席でゆったり出来ました。
機内食は何かのテレビで見た、JALの空の上でも炊ける炊飯器は開発にすごい時間がかかり
炊飯器一台が何千ん万円かするって言う、炊きたてご飯が食べてみたかったので和食をチョイス。
高度うん万メートルでは、気圧の関係で普通の炊飯器では機内でご飯は炊けないらしいんですよね。
味はう〜ん、正直そんなに普通のご飯と変わらなかったけど、高度ウン万メートルでご飯を炊く事が大変らしいので、数千万円の炊飯器で炊いたご飯をありがたく頂きました。
この頃はまだお肉食べられなかったので、松阪牛のステーキは確か食べずに残してしまったかも、、、。
その後に小腹が空いて頼んだ、うどんの方がどっちかって言うと美味しかった。(笑)

この夏はちょっとスケジュール的に無理だったんで、行けなかったけどどうにかこの冬に再訪出来そう。(^^)/
ロックフェラーセンターのクリスマスツリーを見たいし、バーゲンの時期なんで楽しみー。
今度はちゃんとどこかのヨガスタジオにも行ってみようと思ってる次第。。。
後はチケットだけなんですが、、、、キャンセルでろー、でろー。
[PR]
by franny55 | 2009-09-20 01:15 | 2008_06 NYC | Trackback | Comments(2)
2008年6月NYC:9日目☆グリマルディーズ・ピッツェリア
本来なら一度、泊まってるアパートメントに戻ってそこからバスで行く方法しか聞いていなかった、
Cさんと待ち合わせのブルックリンのピザ屋。
が、そんな事をしている時間もなかったので、地図を確かめ一番近い駅への地下鉄を探し駅へ。
あいにく日曜で本数が少ないのか、なかなか待ってても来ない!
するとホームに張り紙がしてあって、今日はこの路線休みみたい。(汗)
一度、改札を出て、地下鉄の窓口の黒人女性に尋ねると
「走ってるわよ!」
ってけんもほろろにつっけんどんに答えられる。
では、またホームに戻ろうと思うと、アチャー。
一度ホーム出たらチケットがもう無効で再入場出来ない。
買えばまぁ300円くらいなんだろうけど、300円もここで無駄にするのもイカン!と思い
再度、ビッグファットママにもう一回、このチケットで乗せて!入れて!
と、頼むとしぶしぶ金網で出来てる地下鉄の非常口を一時開けてくれて、幸いにもそのまままたホームに戻れた。(はぁ)
旅行者だろうが、なんだろうがこの国はちゃんと自己主張しないとダメなんだ。
黙って英語が通じないからと思ってチケット買えば済む事なんだろうけど、ここで負けるのもなんかシャクだし。(笑)

この旅を通して学んだ事。
NYに外人なんて存在しない。
一人で街を歩き始めた時から、歩いている人に極、普通にやたらに道や店や地下鉄の駅を尋ねられる。(笑)
まさにメルティングポット!
アジア人だからって観光客だなんて関係ないのね。
ちょっと前にNYのテレビ番組を見てて、とあるニューヨーカーがこう言ってた。
「NYはアメリカであって、アメリカじゃないんだ」
それ、すっごく意味判った。

前置き長いけど、どうにかこうにか目的の駅に降りて、店へ向かう。
が、ここでまた問題が。
私の持ってたかろうじてこのピザ屋の目印になるであろう地図が、かなり大きい地図で
実際にどの通りにあるのかなんて全然知らないし、判らない。
ただ、川沿いにある事くらいは判るんだけど。(^^;;

でも、たぶん方向は合ってるだろうからテクテク。
でも、どうも違うなぁ、そろそろ店あってもいいのに。
と、思ってベビーカーを押してる、この辺りに住んでそうなカップルに
この辺りですごく有名なピザ屋を探してるんだけど、知らない?
って聞いてみたら、やはりご存知であっちよーって指差して教えてくれた。
感謝!
思ったよりも東に来すぎていたみたいで、ちょっと西に3ブロックくらい戻って、やっと目的の店、グリマルディーズピザ/Grimaldi's Pizzeriaが見えて来た。
だって、並ばないニューヨーカーでも並ぶ店だから、すごく判りやすい。
行列からCさんを見つけ出し、やったーーーー!って感じ。
20分くらい遅れてしまったけど、まだ行列は長くそれから2,30分待ったかな?

d0043354_1182973.jpg


d0043354_139640.jpg


これがお目当てのピザ!
大きいと思ったけど、二人で完食!
d0043354_139495.jpg


店内すごいにぎわいだけど、食べたら即みんな帰るので回転がいい。
ここがなんで有名かと言うと、このピザ釜がレンガで作られている年代物で、
今は消防法の規制で同じタイプの釜が出来ないんだそうで、、、。
記念に撮影していいか聞いたら、やっぱり釜の方向はダメって事で、客席のみ。

d0043354_1411779.jpg


ここはやはりブルックリンの地ビールで。
フランクシナトラも若い頃から通ったと言う、このグリマルディーズピザ/Grimaldi's Pizzeria 。
ガチ、旨いです!
今回NYで食べたモノでNo、1!だよ。

並んでも食べる価値あり!
[PR]
by franny55 | 2009-02-10 01:32 | 2008_06 NYC | Trackback | Comments(0)
2008年6月NYC:9日目☆どうしても行きたかったところ @ キャリーの家へ
Tちゃんが帰った後はちょっと流石に連日あちこち精力的に動いてたせいか、ちょっと疲れて部屋でゴロゴロ。
Cたんはそれでも元気にどこかへお出かけして、お昼は一緒にブルックリンの有名なピザ屋で会おうと言う約束する。

一人miuの小部屋で、、、

d0043354_04369.jpg


リンダメイソンのコスメやら

d0043354_0433671.jpg


マックス・ブレナーのチョコレートや

d0043354_0443483.jpg


買った靴などを撮影していたんだけど、もう明日帰っちゃうのにこんな事してていいのか?!
旅はまたいつでも来れるかもしれないけど、今回の旅はもう二度とないのに、何をのんびりしてるの、わたし!
って思って急遽アパートメントを飛び出し向かったのは。

d0043354_0461733.jpg


まずグリニッジヴィレッジ。
ここはストーンウォール跡地の公園。
昔、ストーンウォールと言うバーで罪も無いゲイカップルを警官が攻撃し、その後暴動になったと言う場所。
まぁ、わたしはゲイではないんだけど、ちょうど目的地の通過点だったので記念にみといた。
このクリストファー通りはゲイの聖地とでもいいましょうか、七色の旗がはためくナイスなエリア。
ティンティンの形をしたジェリービーンズが売ってるとの情報を得て、それらしい店を探すも、
この日は日曜日でどの店も閉まってて残念。
受け狙いで土産にしようと思ったのに。(笑)

そこから向かったのがペリー通りの66番地。
そう、どうしてもここに行かない訳には今回NYへ来た意味がないんじゃない?


d0043354_0545352.jpg


あぁ、家が見えてくるだけで、胸がときめく。
この辺り、センスいいカフェやショップがあるんだけおど、この通りは本当に静かな住宅街。
もっと、観光客が集まってすごい事になってるかと思いきや、私以外に通る人も無し。

d0043354_057324.jpg



一応、私有地につき立ち入り禁止の札もかかっていたので、ここからの撮影のみで。
本当は階段に腰掛けて、気取ったポーズの一個でも撮ってみたかったけど。
実際まだ本人はこの裏に住んでいるらしく、暫しいろんな思い出のシーンを振り返りながら
感慨深く立ちすくんでみたりしたけど、あんまりお邪魔してもいけないのでここはサラリと。

あぁ、ここに来れて良かった。


しかし、今回の旅がいかになんの下準備もしていなかったか、、、。
だって初日に来たチェルシーマーケットと、ミートパッキングエリアやこのキャリーの家、目と鼻の先!
キャリーの家もこっちに来てネットで調べたくらいだしね。(笑)
結局、行きたかったミートパッキングの靴屋とかもあったんだけど、この後Cたんとの約束の時間に既に遅れそう!!!

あわわーーー、早くブルックリンへ戻らなければ〜。
[PR]
by franny55 | 2009-02-10 01:04 | 2008_06 NYC | Trackback | Comments(2)
2008年6月NYC:9日目☆いよいよ旅も終盤で
2008年NY9日目。
今日はTぽんが帰国する日。
この日の朝のご飯はパニーニ。
塩味のパニーニ、旨い。
d0043354_0125760.jpg


みんなで写真を撮るのも最後なので、看板犬も一緒にオーナー夫人に撮影してもらった。

d0043354_0135899.jpg


実はまだ寝ぼけまなこでノーメイクのCたんとあたし。(笑)
モザイク万歳。

Tちゃんはこの後、タクシーで無事帰国。
いろいろあったけど、本当に楽しい旅でした。
Tちゃん、本当にどうもありがとう。
あなたのお陰で宿への迷子が免れました。(笑)
[PR]
by franny55 | 2009-02-10 00:16 | 2008_06 NYC | Trackback | Comments(0)
2008年6月NYC:8日目☆ディナーはアメリカンなダイナーで
一日精力的に動き回って、すごくお腹すいた。
別行動してたCねーとホテルで合流して、この夜でNY最後のTポンと3人で近くの
テイクアウトする人で賑わってる、なんちゃらスモーキー・ジョイントって危なげな店名の店に出向く。(笑)

d0043354_19472459.jpg


丸ごと焼いたチキンとかポテトフライとか、いかにもアメリカンな料理。
正直、頼みすぎた。
だって、どれくらのボリュームか判らなくて。
サラダとか意外に少量だし。w

d0043354_19473648.jpg


NYと離れたくなくてビールに頬擦りするT嬢。
わかるよ、その気持ち。

d0043354_19474760.jpg


地ビールがたくさん置いてあって、2本飲み比べてみた。
どっちもすごく旨い。
やっぱブルックリンなんで、ここの地元のビールは美味しい。
なんだかんだとたくさん歩いた日だった。
実はこの日、ちょっとしたトラブルにも見舞われたんだけど、長くなるからそれはまた。
[PR]
by franny55 | 2009-01-10 19:52 | 2008_06 NYC | Trackback | Comments(3)
2008年6月NYC:8日目☆ブロンズブルから自由の女神へ
とっとと終わらせたい、NY編の続き。
ブルックリンからマンハッタンブリッジを渡ってそのまま自由の女神を見ようと、ステタン島行きのフェリー乗り場を目指す。
が、この前にウォール街を通過するので、たばぽんにワガママ言ってどうしても行きたいところがあるからと、寄り道につきあってもらった。


d0043354_18415361.jpg


牛に群がるすごい観光客。

負けずに人が居なくなった隙にベスポジゲット。(笑)

d0043354_18424318.jpg


でもこっちのバックショットの方がある意味ベスポジかも?

この後、軽くランチを食べて、やっとこステタン島へ行くフェリー乗り場へ。
このフェリーはステタン島に住む人々のために無料になってるのだけど、
日中のメインは観光客でごった返している。

d0043354_1921213.jpg


人混みの中、出発口を探す。

d0043354_19273141.jpg


かなり大きなフェリー。

d0043354_19215073.jpg


目の前にデカイ人々がたくさん立ってるので、自由の女神が見えなくて、ベンチの上に腰掛けてたら、後で係員の人に注意された。(爆)

だってこんなにデッキに人が集まるし、それも自由の女神側に集中。(笑)

d0043354_19243510.jpg


今度はここへ渡って、この上にも登ってみたい。

d0043354_19301363.jpg


d0043354_19304155.jpg


いや〜、それにしてもNYは観光スポットがたくさんあって、廻っても廻っても行くところが一杯。
旅行してこんなに頑張って観光したのも産まれて初めてだったけど、すごく楽しかった。
[PR]
by franny55 | 2009-01-10 18:44 | 2008_06 NYC | Trackback | Comments(0)
2008年6月NYC:8日目☆ブルックリンブリッジを渡る
NY8日目朝ご飯を食べたら、近所のフリマを賑わして、Tちゃんと私はブルックリンブリッジを歩いて、マンハッタンへ渡る事にした。
我ながらすごい観光してる。(笑)
バリとかだと常にゴーロゴロして何もしないのに、都会に来ると意外と動く。
ブルックリン橋の入り口まではワンハンドレッドからバスに乗ってみた。
ブルックリンは言わずと知れたブラックピーポーの街。
乗って来る客が全部黒人。
すんません、イエローで!みたいな。
本物のドレッドのおばちゃんとか迫力満点!
途中、ヒップホップ系の店が一杯ある辺りを通過する。
Fight the power! スパイクリーの世界。

d0043354_23472834.jpg


橋のブルックリン川のたもと。

d0043354_234842.jpg


向こうはマンハッタンブリッジ

d0043354_23482432.jpg


バックがマンハッタン。
観光客はもちろん、自転車やジョギングしてる人も沢山いて
この橋は市民の大切な交通手段になってるのね。
[PR]
by franny55 | 2008-12-06 00:49 | 2008_06 NYC | Trackback | Comments(2)
2008年6月NYC:8日目★ワンハンドレッドの朝ご飯
ブルックリンで泊まったワンハンドレッドはアパートメントと書いているけど、正確にはB&B。
なので、朝ご飯がちゃんと用意される。
世界中を旅したオーナーがその記憶を宿の食事のレシピにも生かしてるそうで
毎日充実した朝ご飯がうれしい。
例え一人旅でも、ここはサロンで他のゲストと旅の情報交換が出来るのも楽しいし。
丁度、一人旅の女の子が二人でSATCの話をしてたので、聞き耳立てて
会話に加わる。
おばさん!
d0043354_1355229.jpg


ドアップ過ぎて何か判らない?w

d0043354_136195.jpg


今朝はフレンチトースト。
たっぷりのブルーベリーと生クリームで、美味しいけど甘い。
昨日の夜、ワインを飲み過ぎたので私はコーヒーカップにお湯を頂き
持参してたインスタントのお味噌汁を飲んで、中和。(笑)

d0043354_136172.jpg

d0043354_1362866.jpg


なにげに置いてある物もステキ。
[PR]
by franny55 | 2008-12-05 01:40 | 2008_06 NYC | Trackback | Comments(0)
2008年6月NYC:7日目★飲茶とかイタリアンとか
リンダメイソンへ行く前に、6/13に最初に行ったのはここ。
d0043354_135512.jpg

グラウンドゼロ。
正直一人だったら行けてなかったかもしれないけど、NYに来てここに来ないわけには
行かないだろうとも思ったし。
開発が進んでるようだけど、セックス&ザ・シティで途中のシーズンから
あのツインタワーがオープニングで写らなくなったところでいつも胸が痛む。

こないだ、ちょろっと広島に立ち寄った時に平和公園に行って原爆ドームも見て来た。
なんか住んでる時はあまり意識した事もなかったけど、観光客の気分で外から見るドームはなんだかとてもはかなくも威厳があった。

上手く言えないけれど、大切な人を勝手に誰かに突然奪われて良い訳なんてない。

その後はなんだかんだ言いながら、激安ショップ?デパートみたいなお店を冷やかして
中華街に移動してゴールデンホーンで3人で飲茶。

d0043354_118054.jpgd0043354_1181266.jpg

d0043354_1214781.jpg


それから夜はアパートメントの近くのイタリアンで3人で食事した。
旅もそろそろ終盤なのら。
[PR]
by franny55 | 2008-12-05 01:22 | 2008_06 NYC | Trackback | Comments(0)