カテゴリ:2009_Bali( 11 )
ギリメノウとアイル
NY旅日記の途中ですが、11月に行ったロンボクのギリ3島巡りで、行ったシュノーケリング。

d0043354_234956.jpg


メチャメチャ海がキレイでシュノーケリングでも満足満足。
耳抜きが致命的に出来ない構造なんで、ダイビング出来ないわたしでも楽しめました。
他の写真はこっちにUPったので、お暇があればご覧頂けるとうれしいです。
[PR]
by franny55 | 2009-12-18 23:07 | 2009_Bali | Trackback | Comments(2)
La Sal でバースディ
こないだのバリに行ってる間、友達が目出たく誕生日だったので、こっそり仕切って誕生日会を企画。
まぁ、恐らくバレバレだったであろうが、一応バースデイケーキなんて用意しちゃたりしたら
一応、なんか感激してくれたみたいで。。。(笑)

d0043354_1264981.jpg


ろうそくを吹き消す直前のお嬢。
注)ろうそくの数は数えないでやって下さい。(爆)

d0043354_1271353.jpg


そして、吹き消した後はなんか口に手を当てて、感動してる。

d0043354_1273617.jpg


おぉ、おぉ、鬼の目にも涙?(←東野圭吾の「手紙」を読んでも一滴の涙も出さなかった女)

泣くのか?

ついに泣くのか?

More
[PR]
by franny55 | 2009-11-21 01:23 | 2009_Bali | Trackback | Comments(6)
もうクリスマス?
ちょっくらバリへ行って戻ってきたら、わずか2週間の間に日本はすっかり気の早い
クリスマスの飾り付けがされているお店がちらほら。
ハロウィンが終わったら即、クリスマスなのか?(笑)
それが終わったらすぐにお正月のディスプレイになって・・・
あぁ、慌ただしい年末年始がまた来るのだね〜。

d0043354_2317991.jpg

成田ラウンジにて。
ちょっと気の抜けてたスパークリング。
[PR]
by franny55 | 2009-11-11 23:18 | 2009_Bali | Trackback | Comments(4)
バリは凧揚げシーズン
d0043354_15365024.jpg


泣きそうになるくらいキレイな夕日をジンバランビーチで一人。
砂浜に座って黄昏れる。
するとこのロマンティックな気分をガッツリとぶち壊してくれた物体が空に。

d0043354_15371882.jpg


日本が夏の間、バリは乾期で風が強く、絶好の凧揚げシーズン。
バリの人はなんでか凧揚げが大好きなのよねぇ。。。
でも、この凧、ちょっと変よね!(笑)

d0043354_15394033.jpg


お口直しを。↑

7月のバリ、お暇があればご覧下さい。
[PR]
by franny55 | 2009-08-06 15:17 | 2009_Bali | Trackback | Comments(2)
成田からバリ島へ
d0043354_0351474.jpg


d0043354_0352381.jpg


d0043354_0353238.jpg


More
[PR]
by franny55 | 2009-08-01 00:36 | 2009_Bali | Trackback | Comments(2)
Zen @ ウブド
d0043354_0173228.jpg


バリ島のウブドにあるZen Bali Spa

ここには猫がたくさんいて、クリームバスとか受けているとトリートメント中に猫が遊びに来て
わたしの膝に乗って来たりする。(笑)

シャンプーのお湯が出るまでに20分以上かかるので、最初はいつも水だけど
南国なんであんまり気にしないで。

オープンエアーのヘアサロンで、たんぼから吹いてくる風だとか、空気の香りを感じながらのんびりと
頭のマッサージを受けていたら突然、いきなり、すごい轟が!
雨は降っていなかったのに、すぐ近くにカミナリが落ちた音で、腰が抜けるほどビックリした。(笑)

日本のゲリラ豪雨にも驚くけど、バリのカミナリ様は半端じゃないくらい音もでかい。
お腹の底まで響いてくるんだもんね。

そうえいば、大阪のおばちゃんらは、飴とかお稲荷とか食べ物にチャンとかサンを付けるけど
天候に関する言葉には日本人は昔はサマを付けていたんだね〜。

お天道様、カミナリ様、お月様、、、。
お星様になると急激に甘ったるいメルヒェンになるけど、それだけ今も昔もお天気は大切って事だろうか?
[PR]
by franny55 | 2009-07-14 00:32 | 2009_Bali | Trackback | Comments(4)
アリラヴィラズウルワツ
この間のバリで見に行ったアリラ・ヴィラズ・ウルワツ:Alila Villas Uluwatu。
まとめて写真集にしました。
おひまだったら見てね♪
d0043354_19433978.jpg

[PR]
by franny55 | 2009-06-10 19:43 | 2009_Bali | Trackback | Comments(4)
バリのDFS
アリラヴィラズウルワツとカルマカンダラのインスペクションを終え、速攻でヌサドゥアのヌサンタラで
ナシチャンのランチを食べた後、アムルタへ新しいオリジナルメニューのトライアルへ。
終わったらもう7時過ぎ。。。
今日も朝からよー動いたわーー!
って事で〆にアリットにお願いして、DFSギャラリア・バリへ。
前にちょっと用事で立ち寄った時に見た、Chloeのサンダルが忘れられなくて。(笑)

しかし、最近ヌサドゥア、ジンバランからクタ、空港へ向かうングラ・ライ・バイパスが激混みで。
特に夕方の帰宅時間になる4時半以降は、本当に混むので帰国日にこの道を使う場合、
今までよりも時間に余裕持ってないと危険だわさー。
結局、アムルタを出てからギャラリアへ着くのに45分くらいもかかったでよー。

もう諦めて帰ろうかとも思ったけど、ちょっとだけでもプライベートタイムを楽しめと
アリットの粋な計らいで、辿り着けたわん♪

目当てのサンダルはなかったんだけど、(つか、別の店と間違えていたのかも?)
今日からなんと2週間限定のサマーセールだと言う事で、店員の口車に載せられて
うっかりクロエのパディトンを買ってまう。(おいおい)
ふだんブランド物のバッグとかはあまり持たんのんですが、まぁたまには自分へのご褒美?
なんてたわけた事で言い訳しながら、もうすぐ誕生日だしまっ、えっかー。

つか、DFSでお買い物したの初めてー♪(笑)

d0043354_1882890.jpg


d0043354_1883845.jpg


会計を待ってる間、ダメ元で撮影を聞いたらあっけなくOK!だったぜよ。
さすがバリ、こうでなくっちゃ!
[PR]
by franny55 | 2009-06-02 18:09 | 2009_Bali | Trackback | Comments(4)
で、バリは?
2009年5月のバリ関係アーカイブ
セントレジスバリ、カルマカンダラ、アリラウルワツ(泊まってないよ、笑)から、ワルンネタなど・・・

昨日はカユマニスの東京パーティ。
昨年に続いて司会だったんで、超ドキドキで前夜は緊張して眠れませんでした。(ウソ)
またまた噛みまくりのどもりまくりで、失礼しましたーーーー!
なぜか特別ゲスト?俳優の永○俊矢さんもいらっしゃってて、カユヌサのデシーちゃんが
「あれは誰?カユマニスに泊まった事あるの?!」
ってすごい興味津々で、一緒に写真を撮ってもらえるか訪ねたら気軽に応じてくれました。
デシーったら
「ガンタンスカリ!!」って少女のように喜んでかわいいったらありゃしない。
やっぱりイイ男はバリ人にも人気なんだわね。
[PR]
by franny55 | 2009-05-31 23:27 | 2009_Bali | Trackback | Comments(4)
帰国したよん
今回は6泊しか出来なかったけど、サクッっと行って来れて、楽しかったです。
しかしアレだよね、TravelはTroubleが語源だと言う説を聞いた事がありますが
なんでか毎回なんらかのアクシデントが付きまとうものですね、旅行って。

今回は行きの成田までの高速バスのチケットがちゃんと予約されてなくて
いきなり運転手さんに
「これじゃぁ乗れないんだよねー」
ってすんごい迷惑そうに言われて、アタシだってコンビニの店員に言われるがままに
なんとかって機械で買っただけだから意味わかんなくて、ブチ切れそうになったけど
他の乗客に迷惑だからその場で新しいチケットを買い直して乗ってさぁ。

でも運ちゃんも成田で降りるときには急に優しげな声で
「2回乗車券を買ったと言う証明書を書いてあげるから、これを持ってそのコンビニに行ってみて下さい」
って、さっきのあのつっけんどんな態度はどうよ?!
って思ったけど、ここでケチ付けてもなんだし、いちおお礼言って降りる礼儀正しいアタシ。(爆)
旅のしょっぱなからイヤな思い出残してもなんだしね。

バリでは予定がすんなり進み、そして帰国日。

助言はあったんですよ、あったんですがねぇ。。。
荷物ってどうしてこんなに増えるのか?

まず、偶然バリで会えたSさんが行きの某エアラインでたったの○キロで、追加料金を払わされたと。
そして最後に行ったカユマニスジンバランのスパでTrisnaさんからSQは荷物の超過にうるさいから、気をつけてって。

最近スーツケースを持っただけで、私も何キロくらいあるか判るようになってるので
「これはたぶん28キロはあるから、やばいねー」
なんてその場は笑って、まぁ大丈夫だろうと高を括っていたんですが、つかまっちゃいました。(><)

いやー、前はSQなんてけっこうオーバーしてもあんまりウルサくなかったんだけどねー。。。
最近どこのエアラインも厳しくなったみたいで。

既にネットでチェックインはしてたので、空いていたそのカウンターに並んでスーツケースをレーンの上に乗っけると、係の人が
「君の荷物は28.5キロあって、オーバーしている」
そしてご丁寧に1キロ辺り、22ドル加算されるから、全部でこれだけ払えとメモに書いた金額を提示される。
いやだぁ、そんな180ドルなんて払えねーよーーー。
ってかやっぱり28キロあったんだーとか、変なところで感動してたり。

で、ここはやっぱりおじさんと言うか、お兄さんだったんで、
「どうか助けて下さい、お代官様!
わたし昨日、うっかり免税でク○エのバッグを買ってしまって、もうお金ないんですーーーー!」
ってまぁ、後半は言わなかったけど、実際、お願いした訳ですよね。

そしたらやっぱり女って得?!
「じゃぁ、荷物を3キロ分出して機内に持ち込みにするなら、今回は助けてあげる」
って言われて、やったー!!って小躍りしながら出しましたよ。荷物。
つーか、ホントは冷や汗もんでテンパってたんで、一番重いのはやっぱ水モノよねー。
って思って化粧品類が入ったバックと、マーニへの土産で買ったアジアンの泥パック、
その他諸々を出してどうにか25キロまで落ちたので、スーツケースのジッパー締めて、
何度もバパッにお礼を行って2階へ上がろうとしたその時!
「ちょっと待ったー!(古)化粧品持って機内乗れる訳ないじゃん!」
ヨンカ、ジェーン諸々が詰まった化粧品バッグをボッシュートされるのは、超過金払うよりもイタイじゃんって
って液体物の持ち込み制限を思い出し、ダッーーーっと走って戻った訳。

既に次ぎの人がチェックインしてるのもかわまず、事態を不慣れな英語を使って説明したら、
呆れたような顔しながら中へ入れって仕草をしてくれて、あの荷物を計るレーンの上を乗り越えて
係員の後ろのスペースでまだ運ばれていなかった自分のスーツケースを降ろして
中身を別の重いモノと入れ替えた次第。

いやー、これウェブチェックインのカウンターだったから行列がなかったから良かったけど
後ろに行列出来てるカウンターだったら冷や汗モノだったよー。
つか、既に十分冷や汗ダラダラ、脇汗グッショリだったんですが・・・

でも泥パックの500gを入れ替えるのは、忘れてて、後でもしかしてこれも液体物の一部?
って思ったけどこれはもう、没収されたらされたでいいやって思って(マーニ、スマン)そのまま出国ー。
ま、ングラライでもチャンギでも結局、この泥はおとがめナシでしたが、ホント焦りましたー。

つか、今までアタシ本当にラッキーで、28キロなんてざらだったし
最高36キロでエコノミーに乗った事もありましたから、、、。(汗)
バッチリ、ヘヴィータグがもちろんついてましたが。
↑ちなみに鶴で。

ホント、燃油サーチャージがなくなったと思ったらこんな所に罠が仕掛けてあったとは。
でもアタシなんて50キロも体重ないんだから、倍くらいのデカイおっさんと荷物制限の重さが同じってのは
やっぱり納得いかないわー。
飛行機に乗るのは荷物も人もおんなじだから、乗る人と荷物、全体の重さで合算してくれたらいいのに。(笑)
そしたらみんなダイエット本気になるでしょうー。(爆)

写真はぜんぜん関係ないアリラヴィラズウルワツ
朝日が登るのと夕日が沈むのが両方見えるパノラマビュー!
でも完成まではもうちょっとかかりそうですなー。


d0043354_0183319.jpg

[PR]
by franny55 | 2009-05-26 00:11 | 2009_Bali | Trackback | Comments(14)