<< ストロベリーフィールズ NYでキディーに会う >>
完全に時差ボケじゃ
昨日はNYは雨でした。
そして夕方からはそれが雪に変わりとてもロマンティック!

が、こちらは今、本当に日照時間が短いので、体内時計が完璧におかしくなってて
昨日は6時くらいから、宿の下のハローベルリンってドイツビアホールで美味しいドラフトエールとか
飲んでたら、もう2杯目から落ちそうになって、7時半にはベッドへ。
本当に我慢出来ないのよね〜。(泣)

後から戻って来た友人Mと一緒にビールを飲んだ友人Cは、わたしの寝てるとなりで
テイクアウトした晩飯などを食べながら談笑してたようなんだけど、ちょろっと起きてはみても
まだまだ強烈な睡魔に勝てず、ぐーぐーと寝ちゃってました。

ら、今、夜中の2時半。
もう目が覚めちゃって、これと言ってやる事もないので日記書いてる次第で
7時に寝て2時に起きる、大変に健康的な生活を送ってます。(どこがじゃ)

で、昨日は大方の物欲を満たしたところで向かったのは、アメリカ自然史博物館。

d0043354_1781826.jpg

@携帯カメラ

前回ここは来れなかったので、一人で地下鉄に乗って行ってみました。
丁度土曜だったので、子供も一杯だったけど、恐竜の化石が見てみたくて
そのドデカイ骨格を見上げながら、一人にやついて館内を回るワタシはまるで「恐竜オタ」のようではなかったか?(ただ、見るのが好きなだけで、恐竜に詳しい訳ではございませんw)
ちょっと心配だけど、ここはアメリカ、私の事を知ってる人なんていやしないんだから
ティラノザウルスやトリケラトプスの化石の標本を口空けて、「わー!」って感じで笑顔で子供のように見て回りましたわ。(アフォ面とも言う)






その後は歩いて、ジョンレノンの住んでいた有名なダコタアパートに行って
ストロベリーフィールズへ向かったんだけど、行けども行けどもストロベリーフィールズが見つからない。
歩くNYでは、直ぐなのに。。。
おまけに丁度、雨脚が強くなり寒いわ、凍えるはで、自転車タクシーのお兄さんに場所を訪ねたら
ここからは歩くと20分かかるから、コレ(自分のチャリタク)に乗れば、5分で着くよ!
って、すごいフレンドリーな笑顔で。(笑)
向こうも商売だからねー、値段を聞くと20ドル。
そりゃいくらなんでも高杉でねーかーと思ったけど、もう雨がすごいし寒いわで
頭も冷静に物事を考えられる状態でなくなってたので、乗ってしまう。

で、なんて事はないストロベリーフィールズはダコタアパートからすぐで、
道を一本間違えていただけだったのだー。
(だって「歩く」の地図だと2本目の道だったのに、3本目の道にあったんだもん!)
もうすぐジョンレノンの命日だから、その日は混むからと思って早めに来たら
まだ何もなくて、ただ雨に濡れる公園にストロベリーフィールズのマークが地面に
刻まれているだけで、とても寂しい印象だたわ。
そして、後から激しく20ドルも支払ってしまった事を後悔しちゃったけど
あの冷たい雨の中、一生懸命自転車を漕いでくれたお兄さんの、今日の稼ぎが上がったなら
それはそれで、良い事をしたのではないかと思い直す事に。

予定としては、ここからセントラルパークを散歩して、アッパーイーストへ向かおうと思ってたけど
雨がスゴいから、止めて地下鉄で移動することに。
セントラルパークでリスと戯れたかったのに、残念。
朝食のデリで残った、パニーニを半分、リス用に取っておいたのになー。(ショボン)

ま、旅なんて予定通りには進まないものだから、ここは気分を変えて
先日、ジェーンアイルデールで欲しいカラーが無かったので、もう一軒、探していた
Cambridge Chemistsと言う、ファーマシーへ向かう。
住所だけを頼りに行ったら、なんとか見つけられたそこは、ほんとこじんまりした薬局で
素朴なお店なのよね〜。
ちなみに隣はジバムクティヨガのスタジオだった。
で、ここでようやくジェーンアイルデールの欲しかった、ティントミネラル、コンシーラー、ルーセントパウダー、リキッドファンデなんかを買って、ようやく欲しかった物リストは全部手に入れられて満足、満足。

今日は夜、Mと一緒いエンパイヤステートビルに登ろうって言う予定だったんだけど
生憎の雨だから、止めようと携帯メールで連絡を取り(NYで日本の携帯そのまま使えるって
やっぱりこういうときにホント便利)わたしは今回まだ行ってなかったバーニーズNYへ。
前回同様、ここの化粧品売り場は「ハロー!」「ハーイ!」の世界でホントラフ。

そして迷わずに向かう先はシューズ売り場。(まだ買うんかい!)
だってセールなんだもーん。
ここにもマノロやジミー、シャネル、プラダが30%オフでゴロゴロしてたけど
欲しいブツがないので、ここはやっぱりまたまたバーグドルフグッドマンへ。

私をNYに連れて来てくれたCタンが、NYに来るとまず向かうのがこの靴売り場って言うんだけど
本当にこのバーグのシューズ売り場は凄いパワーに満ちあふれてて、最高!
何が凄いって高級シューズをサロンであれこれ試し履きする女達の熱意がスゴイ。
こっちの人ってあれも、これも気に入るまではとことん、試すみたいで
ソファの周りにシャネルやマノロがゴロンゴロンと転がってる状態の人が何十人もいるのは
見ていて、ほんとに圧巻なのよね〜。
アメリカが不景気ってホントか?って、女の物欲と不景気は無関係なのかもしれん。

で、私。(笑)
先日、見て気になったマノロとまた、ちょっと別のパテントの黒のハイヒールがあったから
それを両足、履かせてもらう。(靴売り場には片方しか置いてないからね)
でもセール品の試着は、真ん中のサロンになってる所では履かせてもらえないの。
その場で、立ったまま自分ではかないといけないから、ちょっと大変。
だって店内は世界中の女が詰め寄せてごったがえしているから、すごい人なのよね。
ここで鏡を見て、チェックするのは至難の業だったりする。

うーん、ヒールが高い、10cmちょいあるかも。
シンプルなハイヒールだけど、これを履いて立っていられるのは正味3時間が限度か。w
くるぶしに靴のかかとのところが当たってちょっと痛いし、これに400ドル弱出すのはどうよ?!
迷って止めた。
いくらセールでも履かないものは買えない。

仕方なく、セールでないルブタンの方を再チェック。(仕方なくってどうよ?)
そしたら先日は無かった、グレーのパテントのパンプスがあるでないか!
日本だとルブタンは種類も少ないけど、ここに来るとこんなにも豊富なルブタンに溢れている事に
感動するのよね〜。
そして、値段も日本のほぼ2/3くらいだから、これはやっぱり買わないと損!(笑)

さっそく、さっきの店員さんが応対してくれて、
「こっちのカラーの方が絶対にオススメ!わたしもこのカラーが大好きなのよー」
って、今度は中央のソファーが丸くなってる、サロンの方できちんと座って試着させてくれたわ。
あなたはルブンタンだったら、37かも、って言われて履いたのはカパカパで
歩くと右足が脱げてしまうので、小さいのをお願いしたら、36ハーフがなくて、36。
また、36かよ、って思ったけど履いたら、丁度良い感じ。
丁度、UGGを素足で履いていたので、店員さんが、
「ブーツを履いていると足がむくんでいるから」ってストッキングを出してくれて
それを履いたら滑りが良くなってバッチリ!
ちなみにこのバーグドルフの靴売り場には、試し履き用のストッキングだけが大量に入ってる
引き出しがあり、足首でチョコンと切れてるようなストッキングを用意してくれるのが流石だなーと思った。
使い捨てだから、誰か履いたものでないし、簡単な作りなのですぐに伝線するけど試すだけだしね。
店内を何度も歩いて、感覚を細かくチェックしてみて、買う事にしましたわ。
罪な店だよ、NY、Iris、バーグドルフグッドマン。
私の一年間の貯蓄があっと言う間に消えていくわ、、、。

d0043354_17591276.jpg

@携帯カメラ

ちなみにこれは、先日のクロエの半額でゲトしたブーツ。
ユニクロのワンピと合わせるんでねーよ、って感じですが、部屋の中なんで。

いやいや、ここまで夜中のボケ老人のたわごとにつき合って読んで下さったかた
お疲れさまでした、ありがとうございます。
わたしはこれからお風呂にでも入ろうかなー。
[PR]
by franny55 | 2009-12-06 17:27 | 2009_12 NYC | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://franny.exblog.jp/tb/10531103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2009-12-10 00:19 x
高級な靴が無造作にゴロン、ゴロンしてるのにはビックリしたよ。
ついつい買わなきゃ損!てな気分になりますな~
写真はペントハウスのあのお部屋だわねぇ~ラグがあのままだ。
黒江、良く似合ってるよ!
Commented by franny55 at 2009-12-10 00:57
束ちゃん
ホントね、もってけー!って感じだったよね。
たまんないっす!バーグドルフ。
ペントハウスも100も何も変わってなかったよー。
来年はまた一緒にココに泊まりたいねー。
100の近くにご飯の美味しい生ビールがいろいろ飲める、イイ店ハケンしたよ!
スモークジョイントのチキンを半分、おりとCたんはお土産にしておりますー。(笑)
お土産あるので、またCたんとお茶でも!(^^)/
<< ストロベリーフィールズ NYでキディーに会う >>